表参道の歯科で歯周病と診断される流れについて

subpage01

表参道の歯科にお客が訪れ、口の中の歯が溶けているように見えると歯科医に言ったとします。
歯周病の疑いがあると見た歯科医は、レントゲン撮影をして歯の中を調べてくれます。

その結果、歯周病だと表参道の歯科医が告げた時は、おそらくですが患者の表情は青ざめていると思われます。

ですが歯科医が定期的に足を運び、食べかすを除去して歯垢を削れば症状は悪化しないと、丁寧に説明するので徐々に顔に明るさが戻ります。



その後に歯垢を削ってくれますが、状態がひどいと判断された時は、週に1回ほどの頻度で表参道の歯科へ足を運ぶ必要があります。そして何度か足を運び、歯垢が綺麗に取り除けた時は、歯科医がフッ素を歯の表面に塗ってくれます。

フッ素を塗った後は40分の間は飲食は無理ですが、口の中に発生した唾液くらいなら飲んでも問題ないです。

その後は歯周病を治すため4ヶ月に1度、歯科へ行って診察してもらうことになります。歯の磨き方が荒いと言われた時は、歯ブラシを持ってくると磨き方の指導をしてくれます。

歯ブラシに力を入れて歯を擦ると、歯を削ってしまうことがあるので、指導をしてくれた時は熱心に聞きましょう。
指導を終えた後に歯磨きのやり方について書かれた、何らかのプリントを手渡してくれることもあります。

ビジネスジャーナル関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

それを持ち帰れば正しく歯磨きをするきっかけに結びつきます。
あと、4か月に1度の診察では、歯垢を削るだけでなく虫歯があるかのチェックもしてくれるので、口内の定期検診にも役立ちます。